別れる原因となる本当の理由!人の欠点を受け入れる3つの方法とは?

この記事は3分で読めます

別れる原因となる本当の理由!人の欠点を受け入れる3つの方法とは?

別れる原因となる本当の理由とは?



恋人や夫婦が別れる原因は様々です。

例えば・・・

「他に好きな人ができた」

「飽きてきて全然、魅力を感じない」

「将来への不安」

「ギャンブル好きで借金をしていた」

「浮気をしていた」

「暴力を振るわれた」

「許せないくらいひどいことを言われた」

などなど色々あります。

実際に、浮気をされたり、暴力を振るわれたなら別れるのは仕方ないと思います。

(暴力を振るわれたら我慢しないですぐに誰かに相談したり、助けを求めてください)

ただ、別れる理由はそれぞれ違っていても、別れる人たちに共通していることが一つだけあります。

それは・・・


「こんな人だと思わなかった」


と思ってしまうことです。

どういうことかと言いますと、

最初の付き合い始めた頃は相手の「良い所」しか見えていないものです。

でも!

付き合いが長くなってくると相手の悪い所(嫌な所やダメな所)も見えてきます。

人間は誰でも「良い所」と「悪い所」があるものです。

「良い所しかない」という完璧な人間はおそらくいないし悪い所しかない人もいないです。

男女が別れることになる本当の理由は相手の「悪い所」を認めず、受け入れないからです。

(暴力や浮気などを認めたり、受け入れる必要はないですが)

相手の悪い部分を認めることができずに「こんな人だと思わなかった」て考えてしまうのは相手の本当の姿を見ようとしていないからです。

「こんな人だったとは・・・」と思うかもしれませんが、気づいていなかっただけで元々そういう人だったんです。

相手の良い所だけじゃなく、悪い所も全部ひっくるめて愛することができれば、あなたが望む本当に幸せな恋愛や結婚生活がきっとできるはずです。


SPONSORED LINK



他人の欠点を受け入れて上手に付き合う3つの方法とは?


①「相手の良い所を思い出す」

mj52i

一度、相手の嫌な所(欠点)を見てしまうと、嫌な所ばかりが目につくようになってきます。

そして、相手の嫌な所ばかりを(無意識のうちに)探して、どんどん気持ちが冷めていってしまうのです。

相手の嫌な所を見てしまった時には「相手がしてくれた嬉しかったこと」や「好きな所」を思い出してみてください

そうすると、嫌な所があっても案外許せたりするものです。


②「我慢をし過ぎない」

mj42i

男女の関係において、ある程度「我慢」することは必要です。

遠慮や礼儀、我慢が全然無いとお互いにワガママになってしまいます。

でも、「我慢し過ぎる」と一緒にいること自体がストレスになって別れる原因の元となってしまいます。

恋愛だけに限らず人間関係では「言わないと分からないこと」がたくさんあります

例えば・・・

付き合った彼氏の食べ方が汚かったとします。

口を開けながら「クチャクチャ」と大きな音を立てて食べる姿を見てあなたは「嫌だな」て感じています。

そのまま、何も言わずにあなたが彼氏と食事をするたびに我慢をしてしまうと彼氏との食事自体がストレスになってしまいます。

あなたが相手を傷つけない為に我慢するこが、お互いにとって本当に良いことなわけではないのです。

ちゃんと教えてあげた方がいい場合もたくさんあるんです。

あなたが食べ方を注意した時に相手は少し嫌な気持ちになるかもしれません。

でも!

あなたが教えてあげることによって、相手は自分の食べ方が汚かったことに気づくことができるし、あなたは食事をするたびにストレスを溜め込むことがなくなります。

我慢をするだけでなくお互いの気になる所を直していくのも良い関係を作っていくにはとても大切なことなのです

ただ、気を付けてほしいのは注意する時の言い方です。

もし、あなたが相手に

「口を開けてクチャクチャ音を立てて食べないで欲しいんだけど!気持ち悪いし、すっごい嫌だから!」

なんて言い方をしてしまうと、相手は傷つくし、関係が壊れてしまう可能性が高いです。

でも・・・

「○○君の元気に食べる姿は好きだけど、あまり音を立てて食べない方がもっとカッコ良く見えるよ」

というような言い方をすると相手は、あまり傷つくこともなく「ああ、そう思ってたんだ」て気づいて直すことができます。

良い関係を作っていく為には、あまり我慢し過ぎないようにしてください。


③「良い所だけじゃなく悪い所があってあたり前だと思う」

mj40a

「痘痕(あばた)も靨(えくぼ)」という言葉があります。

痘痕(あばた)というのは皮膚の天然痘が治った時のくぼみのことです。

ようするに、好きな時には相手の欠点さえも「良い所」に見えるという意味です。

でも、恋愛関係が長くなってくると色眼鏡で相手を見ることがなくなってきて相手の本来の欠点が見えてきます。

その時に「人には悪い所(欠点)があってあたり前」とか「良い所だけじゃなく悪いところもまとめて全部好きになろう」とか「欠点は少しづつお互いに直していけばいい」といった考え方ができると相手の悪い所も認めて受け入れることができます。

人は、みんな誰でも不完全なものです。

だからこそお互いに補って、支え合うことが必要なのです。


さいごに


相手の悪い所を認めて、受け入れたり、許すことは簡単なことではないです。

嫌いになって別れることの方が楽だし、簡単です。

でも、楽で簡単なことばかりしていたら、いつまでたってもあなたの望む理想の関係を作ることはできないです。

人は必ず良い部分と悪い部分があります。

人は何度も間違えるし、失敗もします。

簡単に関係を壊すことを考えるのではなく、ダメな部分を認めて許す強さを身につけてください。

そして、最初から理想的な関係を望むのではなく、少しづつあなたが求める理想的な関係に育てていってほしいです。

あなたがパートナーと様々な困難を乗り越えて理想の関係になれるかどうかは相手次第ではなく、すべてはあなたの考え方次第なのです。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Tree in the shape of heart, valentines day background,

こんにちは当ブログの管理人「イサ」です。
このブログは幸せな恋愛、結婚を望むあなたが好きな男性にモテる(好かれる)為のブログです。
恋活、婚活の前に本当に必要なのは「モテる為に必要な方法を知る」ことなのです!
あなたの幸せな恋愛、結婚の為に是非ご利用ください!

婚活ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!
あなたが「ポチッ」と上のボタンを押してくれるおかげで、より多くの人に「男にモテる方法」を知ってもらえます!