彼の前で不満を溜め込まない方法とは?

この記事は2分で読めます

彼の前で不満を溜め込まない方法とは?

不満を溜め込んでいませんか?


「嫌われたくないから寂しい気持ちを我慢する」

「本当は嫌なのに無理をして彼に合わせる」

「すごく傷ついているのに自分の悲しい感情に気づかないフリをする」

こういう恋愛をしていると心がすごく疲れます

最初のうちは我慢することができても、だんだんと不満が蓄積されていって、ある日突然「怒りが爆発」してしまいます。

爆発された彼は、あなたがどうして怒っているのかさえ知りません。

きっと

「なんで、いきなり機嫌が悪くなったんだ?」て不思議に思っています。

あなたが、ずっと我慢していたことなんて知らないのです。

そして怒りを爆発させたあなたは自己嫌悪になったり、心が疲れすぎて、もう嫌になり「彼と別れる為に嫌いになる努力」をしてしまったりします。

場合によっては彼の方があなたから逃げてしまいます。

このようなことになる原因は・・・

不満を溜めすぎるからです。


SPONSORED LINK



嫌な感情を素直に伝えたら嫌われますよね?


不満を文句という形で相手の男性ぶつけてしまうと嫌われる可能性があります。

でも、嫌な言い方さえしなければ相手の男性はあなたが嫌がっていることに気づけるし、あなたも不満を溜め込まなくて済みます。

例えばの話ですが

付き合い始めたばかりの「A子さん」と「B男君」がいたとします。

B男君は、ある雑誌で「女性は元気よく美味しそうにに食べる男性が好き!見てて気持ちいい」という記事を読んだとします。

そして、2人で食事にいった時にB男君はA子さんに「元気よく美味しそうに食べる姿」を見せたくて、食べ物を口いっぱいにほうばったり、すごい速さで食べたり、クチャクチャと音を立てながら食べています。

SA390053

A子さんは、その姿を見て「食べ方が汚くて嫌だな」て思っています。

mj142b

でも

「好きな人だから我慢しよう」とも思っています。

そして

汚い食べ方をしているB男君に対して笑顔を振りまいています。

その笑顔を見たB男君は「やっぱり、この食べ方は女性が好きなんだ!」と勘違いしています。

そうすると毎回食事のたびにA子さんは我慢して不満を溜めこむことになってしまいます。

そして何か嫌なことがあった時や不満が頂点に達した時にB男君を攻撃するようになってしまうのです。

なので、そうなる前に・・・

「B男君、私はB男君と食事に行けるのはすごく嬉しいんだけど、私は食べるのが遅いから本当はもっとゆっくり一緒に食べたいんだ」

「それと、自分の好きな人には落ち着いた食べ方をして欲しい、ほとんどの人はキレイな食べ方をする人が好きだからB男君が損をしない為に」

といったような自分の為だけじゃなく、相手の男性の為にっていうような注意の仕方をすれば彼もそんなに嫌な気持ちにはならないです。

そして自分の勘違いに気づけるのです。

これが怒りにまかせて

「もう、汚い食べ方とかホント勘弁してほしんだけど!」

なんて嫌な言い方をしたらケンカになるかもしれないですよね。

不満を相手に伝える時はなるべく嫌な思いをさせないようにして伝えてあげてください。


さいごに


「自分さえ我慢すればいい」という考え方は、相手の為にしていることのように思えても実際には相手の為になっていないことが多いです。

特に男女の関係では言わなければ分からないことがたくさんあります。

お互いに我慢するわけではなく、思っていることを伝えて理解しあうことが本当は大切なのです。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログについて

Tree in the shape of heart, valentines day background,

こんにちは当ブログの管理人「イサ」です。
このブログは幸せな恋愛、結婚を望むあなたが好きな男性にモテる(好かれる)為のブログです。
恋活、婚活の前に本当に必要なのは「モテる為に必要な方法を知る」ことなのです!
あなたの幸せな恋愛、結婚の為に是非ご利用ください!

婚活ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!
あなたが「ポチッ」と上のボタンを押してくれるおかげで、より多くの人に「男にモテる方法」を知ってもらえます!